仕事内容

生産調査って何?

生産調査

今日は”生産調査”について紹介していきます。

生産管理と生産調査って名前は似てるけど何が違うの?

生産調査部とか生産調査室って聞いたことあるけど何してるところ?

生産調査の仕事に就きたいんだけどどうしたらいい?

といった疑問を解消できるような内容になっています。

生産調査とは

生産調査の仕事内容は主に以下のようなものになります。

  • TPS(トヨタ生産方式)・TPMの推進と定着化
  • JIT(ジャストインタイム)の実現

難しい用語が並んでいますが、簡単に表現すると「“ムダ・ムラ・ムリ”をなくして、効率良くモノづくりをできる体制をつくっていきましょう。」

という仕事内容になります。

今やモノづくり業界では世界的に広まっている、“ムリ・ムラ・ムダ”を無くすという「トヨタ生産方式」に基づいた考え方がベースになっています。

製造現場はモノを作ることが一番の仕事ですが、そのサポートをするのが生産調査の仕事になります。

生産調査は具体的に何をするの?

生産調査の具体的な仕事内容について触れていきます。

生産作業の効率化

生産調査は、生産ラインの作業者の立場に立って改善をしていきます。

・やりにくい作業はないか

・作業者のレベルによって作業速度に差が出ていないか

・製品の出来映えにバラつきが出ていないか

などの点に着目し、問題点に対して手を打っていくのです。

例えば、熟練作業者の感覚で行っている動作動作を、誰が行っても同じ動作にすしていきます。(標準化)

そうして、その生産ラインの生産性(どれだけ少ない時間・人で多くの製品をつくれるか)を高めていくのです。

生産性を高めたり出来栄えのバラつきを減らすことで、原価で下げていくことにつながり、会社としての収益向上につながるのです。

ジャストインタイムの実現

ジャストインタイムという言葉は聞いたことあるのではないでしょうか。

トヨタ自動車発祥の言葉で、必要なモノを必要な時に、必要な分だけ生産する生産体制のことを指します。

ムダを徹底的に排除した、モノづくりの究極とも言える考え方です。

生産調査の仕事はジャストインタイムの考え方のもと、在庫の持ち方やラインへの部品投入サイクル、段取り替えの頻度などを構築していくことなのです。

ムダのない生産体制を実現し、在庫を減らし、在庫スペースを最小化しながら在庫回転率を引き上げていくのです。

生産調査は工場にとって必要不可欠なモノづくり効率化のプロフェッショナルなのです。

 

生産調査の業務に就くためには?

ここまで生産調査の仕事内容について紹介してきて

生産調査の仕事おもしろそーだな

と感じた人もいるかと思います。

生産調査の仕事をするためにはどうすればよいのかを紹介します。

製造現場を知る

これは当然のことですが、製造現場、製造ラインのことについて詳しくなければできません。

製造部門に長年属していて、現場を知り尽くした人が生産調査の仕事をしているパターンが最も多いです。

どういった作業がやりづらく、ムダが発生しているのかをよく知っているということは、改善ポイントをよくわかっているためです。

生産調査の仕事をするために、製造現場をよく知ることが不可欠なのです。

緻密な計算・シミュレーションスキルを習得する

生産調査の仕事は現場の仕事をすべて数値化することで、問題点をあぶりだしていくことが重要です。

そのため、数字に強いという点は不可欠なスキルになります。

一見ムダのないように見える生産ラインや、問題が潜在化している現場に対して、データを示しながら、改善をしていくのです。

論理的で数理的な感性が必要な職種であると言えます。

さいごに

生産調査について紹介していきました。

会社によって生産調査の役割がことなるかもしれませんが、おおむね上記のような仕事内容になってることでしょう。

生産管理と近い立場にある生産調査の仕事は、非常に難易度の高い仕事であると言えますが、「より現場の近くで仕事がしたい」、「モノづくりに興味がある」という人にとっては非常に魅力的な仕事です。

↓よかったらTwitterフォローお願いします。

papao
ABOUT ME
papao
自動車部品メーカーにて生産管理の仕事をしています。 まだまだ勉強中の身ですが、少しでもみなさんの役立つ情報を発信していけるよう精進中です。 よろしくお願いします。